ペニス増大クリーム・ジェルの効果を評価【塗りまくって】検証

塗るだけでペニスが増大するクリームまたはジェル(リキッド、ローション含む)の効果や成分、基本作用、商品、口コミ、実際に塗りまくった検証などをまとめました。
ペニス増大サプリに並ぶ増大方法として広告などが増え認知されてきましたが、本当の効果はどうなのか検証しました。

ペニス増大クリーム、ジェルとは

ペニス増大・勃起強化のジェルやクリームは、海外ではペニス増大サプリよりもメジャーな方法として認知されています。
Amazonで関連商品を調べても、殆どがアメリカや英国などの海外産です。
日本でも昔から存在はしていましたが、認知されてきたのはここ数年で、アフィリエイターが最も多いヴィトックスαのセット商品として「ヴィトックス リキッド」が有名です。

基本作用はちんこに1日1回塗り込む事で、ペニス内の血流効果を高めて増大させるものです。

ジェル(リキッド、ローション含む)を塗る行為は既にチントレの1種である「ジェルキング法」が存在します。
チントレの中では、興奮作用や滑る事でのやりやすさから、有効度の高いチントレです。

他にもミルキング、ペニスストレッチなどのペニスを刺激するチントレ、マッサージはありますが、あくまでペニス増大サプリありきで効果的という話です。
つまり、長年の検証からもトレーニング行為だけでは殆ど効果は出ていません。
増大サプリと併用して、初めて効果が上がるという結果でした。
ペニス増大のトレーニング【器具と自力】の効果を検証に詳しくまとめています。

また、例えチントレ、器具のみで増大したとしても「すぐに元に戻る」という検証結果も出ています。

毎日刺激を与える事になるので、一時的には興奮もプラスされ勃起しやすい状態になる。
ジェルキング法と同様に塗るだけでなく、トレーニングも同時にすればちんこ自体の強化にはなります。

ペニス増大クリーム、ジェルの成分


海外産でも日本産でも成分構成は似ています。
ジェル(リキッド、ローション含む)は水分が多いというクリームとの違いはありますが、入っている成分は基本的にシトルリンやアルギニン等のアミノ酸とイチョウ葉やセンブリ、クララエキスなど血行を高める植物成分で構成されています。

シトルリンやアルギニンはアミノ酸の1種で、血流作用を促す作用はあります。
増大サプリで有名成分ですが、アミノ酸は体質を形成する言わば実態のないもので摂取して効いてる実感はほぼないです。
ただ増大体質を構築、維持していくには必須な成分ということです。
シトルリンでペニス増大の嘘効果を検証【サプリは危険】に詳しくまとめています。

しかしあくまでサプリの話であって、口から摂取した場合です。
シトルリンやアルギニンを皮膚から摂取すると、検証上では圧倒的に効率が悪く、本来の作用が十分にできいません
これらアミノ酸だけでなく、基本的に全成分が外部摂取は効率は落ちるでしょう。

植物成分は血行促進や冷え性、肌に良いものが使用されています。
健康系や美容のクリームやジェルに使われてる成分が多いです。

成分からペニス増大との接点を解析した印象は、血流作用があるものは配合されてるもの健康や美容感の方が強いです。

通販や市販のペニス増大クリーム、ジェルの商品

市販でペニスを増大させるジェルやクリームは存在しませんが、ローションであれば秋葉原を中心にアダルトショップにいくらでも販売しています。
特にTENGAは有名です。試したことがある人は多いと思いますが、興奮を誘発し勃起しやすくなる、多少通常より硬くなるくらいの効果はあるでしょう。
そういう意味でペニス強化にはなりますが、根拠に基づいてペニスサイズが増大するような効果はないです。

れっきとした増大ジェル・クリームは、通販では検索で探しても交流して集めた情報でも9割が海外産です。
日本でも1-2年前にはいくつかありましたが、殆ど販売終了しています。
サプリがメジャーであった、元々海外発祥で欧米人とは体質が違う、信憑性がないなどの理由で流行らなかったんでしょう。
ペニスが大きい人種と小さい人種がいる理由に関連記事があります。

国産のものは、ヴィトックスリキッドを除いては公式や独自のページは持たず、アマゾンや楽天などのショッピングサイトにあるくらいです。
ニュートン、サイサリスVFLジェリー、激震棒などがあります。

しかし2017では広告に力を入れていた為、ブルーロック(BLUE ROCK)という増大クリームが少し話題になりました。
日本製のクリーム(ジェル)タイプで、パッチも同時に併用するという斬新なもの。
パッチで血流を良くして、クリーム塗ってマッサージしてペニス増大させるというものです。
検証や交流情報から効果の方は、興奮作用により、勃起を促す程度、増大には至らず「チントレ」の補助アイテムとしては効果的という評価です。

海外産では、2018年にTITAN GEL(タイタンジェル)という商品がよく露出しています。成分をしらべたところシトルリンやアルギニンなどのアミノ酸で構成、公式にはアンコウの肝臓、苔エキス、無脊椎動物由来の抽出物など書いてあり正しい情報はわかりませんでした。
どういうプロセスでちんこが増大するのかもよくわかりません。
ノルウェー産でamazonにも販売していました。
他にはマキシメイル、Enlargo Development Cream、プロソリューションジェル、セックスエレクト、マックスサイズ、メガペニス 、コロッサルセックスクリームなど種類は多いです。

ジェルやクリームの平均の値段は3000円から5000円くらいが主流です。
ちなみにヴィトックスリキッド12800円サプリとのセット価格だとお得です。

ペニス増大クリーム、ジェルの口コミ、レヴュー


アマゾンや楽天などショッピングサイトの口コミしかありませんでした。

  • 1-2か月使用して多少太くなった、大きくなった
  • ビンビンに勃起する
  • 全く効果なし

情報的には、効果があったにしろ具体性ありません。なので信憑性はありません。また使用者自体が少ないです。
ヴィトックスリキッドだけは、アフィリエイターが多いので情報量が多いですが、逆に効果があった情報しかありません。
クリームにしろジェル(リキッド、ローション含む)にしろ、得られる情報から判断すれば、安易にやる増大方法ではないので注意。

ペニス増大クリーム、ジェルを塗りまくった効果の検証

実際にペニス増大クリーム、ジェル(リキッド、ローション含む)を塗りまくり続けた検証と集めた交流情報をまとめます。
毎日かつ数か月やり続けた情報だけをピックアップしました。商品名はふせます。
国産、海外産の両方を含みます。自身の検証では3000円程のものを使用。

  • 2か月塗りまくりましたが何の変化もなし。
  • ぽかぽかするなってくらい。ちんこに影響はなし。
  • 使用説明がない(日本語じゃないから読めない)からやり方わからんかった。塗って放置するにしてもパンツ内ビショビショだろ、風呂場でやるにしても長時間放置できない。
  • 塗ってると気持ちいい感覚、興奮はします。増大効果はなかったですが。
  • 正直、アダルトグッズ店にある1000円以下のローションと何が違うのわからない。
  • セックス前に塗ると持続力とか回復力が上がるとあったが、何の効果もなかった。
  • ちんこ辺りが温かくなるような作用してる感覚あるから、チントレのお供としてはアリ。ただ安ければ。

ペニス増大サプリとの併用による効果を検証

ではチントレなどのトレーニングなどと同様に、ペニス増大サプリとの併用で効果がアップするのかも検証しました。
(増大クリームのみ、最新の増大サプリのグライバルのみと併用との比較)

  • ペニス増大クリームのみ1か月:+0cm
  • ペニス増大サプリ(グライバル)のみ1か月:+0.8cm
  • ペニス増大クリーム+グライバル1か月:+1.0cm

検証からわずかながら、ペニス増大サプリの効果を高める結果となりました。
ただ殆ど誤差のレベルなので効果が高いとはいえません。サプリ単体で使用するよりはマシと認識しておけばよいでしょう。

その点、グライバルと器具を使ったトレーニングでは+0.5cmという検証結果が出ています。(器具・自力のトレーニング記事参照)
またグライバルとミルキングやジェルキング、ストレッチ等のチントレでもそのくらいの効果があったので、
ペニス増大クリーム・ジェル<器具や自力のチントレ
ということになります。

結論はペニス増大クリーム・ジェル(リキッド、ローション含む)を使用する際はペニス増大サプリと併用し、かつ器具やチントレ等のトレーニング が必要になります。
少なくても血流作用を助長する役割をありますから、チントレの際のお助けグッズ程度に思っていればいいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA