ヴィトックスα Extra editionの効果や成分を評価【増大サプリ検証】

ペニス増大サプリヴィトックスα Extra edition(Vitox)の性能、増大や勃起効果、副作用、口コミなどを検証し評価しました。
前作のヴィトックスαの進化版で2015年頃発売されましたが、今となってはもう古いです。
アフィリエイターが一番多く、一番有名なサプリと言ってもいいかもしれません。

ヴィトックスαはアフィリサイト(宣伝)多過ぎ

10数年続いてるペニス増大サプリ業界で、ヴィトックスαは知名度が最もあるかもしれません。
ランキングや比較、口コミ、体験ブログなどあらゆるサイトで登場してます。

これはアフィリエイター(宣伝して報酬をもらう者)が一番多いということに他なりません。なぜ多いかというと報酬が高いからです。
故にそれだけ情報が増えて、ネット検索上、知名度が高くなったということです。

アフィリエイターは当然、効果があった記事しか書きません
そうでないと自分のサイトから売れないし、雇っている販売業者にも失礼です。
つまり本当の情報は見えてきません。

ペニス増大サプリの効果情報の一番の問題点

アフィリエイターが増え続ければ、当然情報も増え続ける。そして検索でも上位になって有名になる。
これがずっと続くと「古い商品を勧められ(上位)続ける」状態になります。
つまり年々進化しているのにその新しいモノを知ることがないということです。

進化している点は例えば1タイプが今や3タイプ、成分10種が100種以上、成分の品質や配合、製法技術など多くの性能面です。
この進化が効果に直結しないわけがなく、今となっては性能=効果と大体的に言われています。進化の差が開き過ぎたせいでしょう。
長年の検証上でも発売時期が1年違うだけでも、効果、即効性や万人性の差が大きいことがあります。

もちろん新しいから良い商品というわけではありません。
1タイプやら成分10種などの低性能なサプリは未だに登場し続けています。しかし「発売時期、新しさや古さ」が選ぶ際の1つの指標になることは間違いありません。

よってペニス増大サプリで失敗する一番の原因は、最新のモノを知ることなく古くて性能が低いモノで失敗するということです。

全体的にアフィリ商品は古いモノが多い為、いつ発売されたかという情報はマイナスとなるので得ることは難しいです。
ヴィトックスαも初代が2012年頃、進化版が2015年頃発売で、決して新しくありません。

またペニス増大サプリは進化し続けていってるのに値段がほぼ変わらない為、もし試した後に効果がなく古い商品だったのがわかった時、損した感情は増幅します。
つまり性能が高い最新商品と古い性能が低い商品とで値段が変わらないので損です。なので発売時期まで調べることをおすすめします。

ヴィトックスα extra editionの公式からどんなペニス増大サプリか解明

ヴィトックスα Extra editionの性能ですが、カプセル1種の1タイプで成分数は約100種。前作が1タイプの成分10種程度だったので大きく進化しています。
配合成分の種類はアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラル系で、ペニス増大に必須と言われる種類は配合されています。


成分数や成分チョイスは他の高スペック増大サプリと変わらず申し分ないですが、2015年発売において「1タイプ」なのはマイナス。
成分構成自体は、100種以上配合したものの、健康系成分を強めにした印象。
また精力系成分が微量だと予測でき、増大や勃起効果の期待値は低く「健康効果」の方が高くなる。

公式ページでは、他にシトルリン量が従来の2倍、レスベラトロールを配合、モンドセレクション受賞など書いてある。
ヴィトックスαの場合、シトルリン量を増やしたという事は精力・増大に関連する動物系成分など他成分の量が減ったということ。
シトルリンはアミノ酸で「体質構築」の成分で増大には間接的効果。動物系などの直接的成分量が減る方がマイナスとなる。

レスベラトロールは他サプリではあまり配合されないので独自性はあるが、これも老化や肥満、認知症などに効果的な成分で、増大や勃起においての影響はもっと間接的。健康作用を高める成分です。

モンドセレクション受賞は調べると金を払えばもらえる賞という話が多いです。ブロンズ(銅)であればなおさらです。

ペニス増大サプリのタイプや成分数の重要性


1タイプは体内での相乗作用力、増大効率、それによる効果力は3タイプに比べると明らかに低い
3タイプだとそれだけ多く成分を詰め込むことができる。

成分数が多い事は体内で成分同士が混ざり合う事で生じる相乗作用力が高くなり、結果的に即効性や効果力を高めます。
しかし例えば1タイプに100種も詰め込むと「1成分がかなりの微量」となり、十分に増大作用ができずかえってマイナスとなる。

3タイプであれば100種成分でも十分に詰め込められるし、60種に厳選すれば狙った効果力を高められる。
つまり製造側の自由度が高くなり「それぞれに役割をもたせる」ことができ、高度な増大構造を成す事が可能になる。
体内で成分同士が混ざり合った時の相乗作用力が高くなって、効果も高くなるのが3タイプのメリット。
1タイプと3タイプでは、これまでの検証からも「増大効率」が違い過ぎます。

ヴィトックスα Extra editionの最大のマイナス要素

ヴィトックスα Extra editionは1か月分30錠入りで、用法にもある通り1日1錠です。
1タイプに加え1日1錠というのは、検証や交流情報からも「最も効いてる実感や効力が低い」です。
1タイプの場合、効力を補填する為、1日2~4錠となるケースが多いので大きなマイナスです。

ペニス増大サプリの飲み方において1日何錠飲むかはかなり重要です。
1日の用法の錠数が多いサプリの方が実感力が高い傾向にあります。また用法の錠数を増やすと多少効力が上がる検証からもそう言えます。

1日1粒だと例え高度な成分構成や増大構造を持っていたとしても、それを持続し効果力に繋げるのは難しいでしょう。
ペニス増大サプリは毎日続ける事が重要で、体内での作用を効率良くキープし続けるかは非常に重要です。
また他の増大サプリと比較しても、よほど安くない限りコスト的にも損が大きいです。

注意点ですが、用法通り飲むと1か月もたないケースも増えてきてるので、購入前に必ず

  • 何粒入りか
  • 1日の用法(何錠飲むか)

は確認すべきです。

ヴィトックスα extra editionの最安購入

ヴィトックスα Extra editionの購入情報ですが、アフィリサイトや広告が数多くあり全て公式に通じてるので迷うことはないです。

アマゾン(amazon)にも楽天にも販売されています。しかし公式と同じ、もしくは高い値段となっていました。他にメルカリへの出品もありました。
amazonや楽天などで購入した場合、返金保証やキャンペーン、何かあった時などにサポートが受けれないなど、プラス面は何一つないので注意してください。
Amazonや楽天のペニス増大サプリを検証【効果もお金も損】に詳しくまとめています。

最安の値段は公式の1箱12800円となりす。ちなみに前作も同じ値段でした。
複数購入で割引があります。また+1箱キャンペーンで1箱だけでも、もう1箱ついてきてかなりお得です。キャンペーン内容はよく変わるので注意です。

支払いはクレジットカードが使えます。殆どのサプリは代引きしかできないとこが多いので便利ですね。
あとは営業所留めも対応、伝票欄は「空欄」、中身がわからない梱包といった配慮があります。

ヴィトックスα extra editionの飲み方

ヴィトックスα extra editionの飲み方ですが、カプセル30粒入りなので1日カプセル1錠で飲むしかありません。
しかし、用法には1日1-3粒と書いてあります。ということは1か月もちません。
効果を最大限引き出すには用法の上限で飲むのは当たり前です。効果を高める為に用法を超えて飲む技もあるくらいです。
なのでこれは大きなマイナスとなります。
例えばクレームで1錠では効果がないと言っても3錠も試して下さいと言われるのがオチです。
ちなみに前作はそんなことは書いてありませんでした。

1日1粒だと飲む時間帯は脳や体内が冴えてる時が効きやすいので昼過ぎに飲んでいきます。
1日3粒の場合は昼過ぎに一気に飲みます。8粒など多くない限り午前と午後など分けて飲むより、一気に飲んだ方が効果が高まることはこれまでの検証から分かっています。
ペニス増大サプリの飲み方やタイミングによる効果を検証【劇的変化】に詳しくまとめています。

ヴィトックスα extra editionのペニス増大の効果を検証

ヴィトックスリキッドのセットを購入したのでこちらも併用して検証しました。

まずは1錠から検証。リキッドは夜。チントレする感覚でペニスをマッサージ。オナニーにはならないように。
ローションを使用した「ジェルキング法」など数年検証でやり慣れてるので、リキッド使用に違和感はありません。

昼過ぎにヴィトックスを飲んで続けましたが何も効果は感じません勃起に特に影響なしです。
やはり1錠では実感すること自体が困難です。

これは嫌な予感がしたので2錠一気で検証することにしました。
その後もペニスに作用するような大した変化はなかったですが、漠然とした活力(元気)、快眠、落ち着き、集中しやすいなどの健康的な効果が微妙にあらわれてきました。

徐々に勃起しやすく精子量増えた実感はありましたが、増大予兆である膨張感のようなものはありません
何度か3錠一気も試しましたが、若干実感力は上がりましたが、上昇していくことはなくその時だけの実感でした。
一貫して健康的な効果は続いていました。

やはり錠数を増やすと、多少の効果アップにはなるようです。
リキッドに関しては、アダルトショップに売ってるような数百円のローションよりは、ペニスに血流がいってるような感覚、勃起しやすい状態になってる感覚はありました。効果アップにはなるでしょう。

ヴィトックスα extra editionの副作用

ヴィトックスαの検証上からは副作用はなかったです。健康度、安全性は高いです。
成分構成や成分数100種というから点から、他と比べ健康的に良い成分が豊富なので副作用の心配はいらないでしょう。

3タイプで100種成分サプリであれば集中力や頭の冴え、消化や胃腸など健康的な効果はかなり高いです。
ペニス増大サプリの副作用を検証【症状と危険サプリ】に詳しくまとめています。

ヴィトックスα extra editionの効果や性能まとめ

結局、検証の結果ペニスサイズは通常時も、勃起時も変化なく勃起の硬さも変化なしでした。

1タイプのせいか、成分数を詰め込み過ぎたせいか、精力・増大的実感は弱かった。
アミノ酸や植物系成分が多い影響か快眠とか脳作用、健康的な効果は目立ちました

値段を抜きにすると健康サプリとしてはアリかもしれません。
やはり1タイプに成分を詰め込み過ぎによって1成分が微量となり、比率が低い精力成分によって効力も下がったと考えられます。
あとリキッドは毎日チントレと並行して行えば効果アップにはなります。

口コミサイトによるヴィトックスαの効果検証

アフィリサイトだらけなので、効果があった情報しかないのでアテになりません。
ヴィトックスα extra editionはシトルリン量が凄い、成分数が多くて増大効果が高いなど、実際に検証した結果から言えばほぼ真逆です。

増大効果の口コミも全員サイズアップしてましたが、平均すると
2か月平均1.0~2.0cmくらいの増大。意外に控えめ、今の高スペックサプリであれば現実的な数値。

ただ全てに共通してるのが半年以上~1年で3-5cmの増大があること。
1-2か月では結果が出にくい、●か月以上やればもっと増大するなど長く使用させることを煽ってる情報が多い。

ヴィトックスαについて掲載しているアフィリサイトには、他のサプリの口コミや効果実践もしてますが、効果の出具合や経緯、特徴など同じような効果が出てます。
感想も掲載している他のサプリとほぼ同じなので、これらのランキング、比較、口コミのアフィリサイトはアテになりません。
ペニス増大サプリの2chや口コミ、おすすめランキングは効果なしに詳しくまとめています。

交流によって得たヴィトックスα extra editionの検証の効果情報

アフィリエイターではなく信憑性の高い交流者の検証、体験、感想やデータ。※効果値は全て勃起状態のもの。

  • 使用3か月:ペニスサイズ変化なし、勃起しやすくなった程度。
  • 使用1か月:変化はなし。それのみ。
  • 使用2か月:増大変化はなかったが、後半勃起しやすい状態にはなった。
  • 使用6か月:+0.3cmほど大きくなった。効きだしたのは3か月目以降。
  • 使用4カ月:+0.4cmのペニス増大。ただ1週間で元に戻った
  • 使用2か月:ペニス増大変化なし。毎日元気という感覚。
  • ・使用3カ月:変化なし。膨張感や硬さもなし。

やはり公式のモニターやアフィリエイターの口コミとは効果が食い違い効果なしが多いです。

マニア、熟練者からの情報

  • 100種といっても1タイプでは効果を実感しにくい
  • 1タイプなのに100種も詰め込んで、逆に各成分の効果が発揮し辛くなったいい例。
  • 前作もそうだが利益を最優先にしてる。成分増えて進化とはいえ、1日1錠30粒入りはないぜ
  • 3タイプ100種とは比べものならない
  • レスベラトロールっていう他にない成分や健康志向な点は評価できる。
  • ヴィトックスリキッドは他のローションとの違いがわからん。

評価的には1タイプ、30錠入りというところはかなりマイナスに捉えられてます。
自身の検証からも特に精力に効いてる実感が弱すぎました。
1タイプの中では性能も健康効果も高いが、3タイプも100種成分もある時代からはコスト的にも、スペックも、効果も低いということです。

ペニス増大サプリで失敗しない為には効果があった情報に惑わされず、発売時期や成分数、タイプ、構造などの嘘のつけない性能情報をまず第一に抑えておくことが重要です。

ヴィトックスα extra editionの性能効果の比較ランキング2018評価


2018年に存在するペニス増大サプリの中で、ヴィトックスα extra editionが性能的に他と比較しどうなのか、ランキング的にどのくらいの位置にあたるか分析しました。

まず基本的な性能は成分数が約100種、カプセル1種の1タイプです。
成分数は多いですが1タイプに詰め込み過ぎです。更に1日1錠という観点から、各成分の摂取量は相当な微量となりマイナスです。

最新の性能では3タイプ、成分質や配合・製法など技術強化されたものが存在することから、中ランクに位置づけされます。
熟練者評価や口コミ、実践効果もそれを示唆しています。

成分にれレスベラトロール配合などの独自性はありますが、健康的な効果であり増大にとっては大きなプラスにはなりません。
1タイプの成分数20種程度のサプリよりは評価できますが、5段階の2.5~3といったところでしょう。
ペニス増大サプリの効果と性能の検証ランキング【最新2018】に詳しくまとめています。

2018年のペニス増大サプリのランキング1位はグライバル


参考までに2018年までで最も高い性能は
3タイプ+100種成分(又は増大特化の50種以上)+付加価値(即効性や万人性)
ここまで進化しています!

そしてそれにあてはまる最新のペニス増大サプリがグライバルとなります。
これは成分60種ですが、増大構造的に100種同等またはそれ以上の相乗作用力があるのと状態維持や集中作用に特化する付加価値要素もあります。
それによって即効性や万人性も高めています。

成分や構造、タイプなどの性能、配合などの技術面において、2chや比較、ランキングサイトで頻繁に登場する他サプリと比べ、圧倒的に上回っています!

効果検証では増大力だけでなく、即効性も高かったです。
また交流情報からは2か月で2cm以上の増大報告も多く万人性も高いと言えます。
自身は20cm超えて増大は難しい中、23cmの黒人級に近づけてくれたので2018年では1番に推します。

タイプや成分数、配合や製法など技術面などが進化しているので、他より開発費は当然かかってるのに値段が古いサプリと変わらない点も評価できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA